新座市立図書館

文字のサイズ
テキスト大
テキスト中
テキスト小

貸出・返却について

はじめて本を借りる時はどうしたらいいですか。何か必要なものはありますか。

図書館の資料を借りるときは、利用者カードが必要です。

  • 新座市立図書館(中央図書館、福祉の里図書館、分館※)では、新座・朝霞・志木・和光市に在住、在勤、在学の方が利用者カードを作ることができます。また、三芳町、所沢市、練馬区、西東京市、清瀬市、東久留米市に在住の方も利用者カードを作ることができます。(なお、分館(※)での利用者登録は、図書館による貸出日・開館時間に限ります。 図書館による貸出日・開館時間については、図書館紹介の各館カレンダーをご覧ください。)

※上記の分館は下記のとおりです。

分館(栗原公民館図書室、西堀・新堀コミュニティセンター図書室、大和田公民館図書室、中央公民館図書室、新座団地図書室)

注意事項

  • 利用者カードは、中央図書館、福祉の里図書館、市内分館の各館・室で利用することができます。
  • 利用者カードをなくしたり、住所や電話番号が変わったときは、図書館までご連絡ください。
  • 利用者カードを作る場合の年齢制限はありません。

どのくらい借りることができますか

貸出点数と貸出期間は次の表のとおりです。

貸出点数と貸出期間

資料の種類 貸出
点数
貸出
期間
中央
図書館
福祉の里
図書館
分館
図書 20冊まで 14日以内 あり あり あり
紙芝居 3組まで 14日以内 あり あり あり
雑誌
(最新号を除く)
3冊まで 14日以内 あり あり なし
カセットテープ
(視聴覚資料)
視聴覚資料は
あわせて
3点まで
14日以内 あり あり なし
CD
(コンパクトディスク)
(視聴覚資料)
視聴覚資料は
あわせて
3点まで
14日以内 あり あり なし
ビデオテープ
(視聴覚資料)
視聴覚資料は
あわせて
3点まで
14日以内 あり あり なし
DVD
(視聴覚資料)
視聴覚資料は
あわせて
3点まで
14日以内 あり あり なし

※東北コミュニティセンター(サービススポット)は予約資料の引渡しのみです。
※視聴覚資料とは、カセットテープ・CD(コンパクトディスク)・ビデオテープ・貸出用DVDのことです。
※雑誌の最新号は貸出しできません。館内でご覧ください。
※図書館が購入している雑誌・新聞については、トップページの「蔵書検索・予約」メニュー内の「雑誌検索」 「新聞一覧」をご覧ください。

借りた本は借りたところで返さなくてはなりませんか?

新座市内の図書館・図書室であれば、借りたところとは違う図書館・図書室へもお返しいただけます。

カウンターで返す

返却カウンターにお返しください。お返しのときは利用者カードは必要ありません。

中央図書館、福祉の里図書館、市内分館の各カウンターで返すことができます。

図書館がしまっているときも、本を返せますか?

  • 図書館がしまっているときは、図書、紙芝居及び雑誌をブックポストへ返却することができます。
  • CD・カセットテープ・ビデオテープ・DVDなどの視聴覚資料は、破損の恐れがありますのでブックポストに返却できません。直接返却カウンターにお返しください。
  • 市内の公民館・コミュニティセンターなどに、ブックポストが設置されています。
  • 詳しい設置場所はブックポスト設置場所一覧

※コミュニティセンター、公民館のブックポストは各施設の開館時のみ利用できます

返却期限がきてしまいましたが、まだ読みおわっていない本があります。引き続き借りられますか?

予約がなければ、お申し出の日から14日間延長が可能です(ただし、返却期限日を超えて延長をお申し出の場合は延長できません。また、相互貸借資料は延長できません)。延長手続きは、貸出カウンターでお申し出いただく方法と、インターネット・館内利用者用コンピューターをご利用いただく方法があります。インターネット等からの貸出延長は、利用者メニューの貸出状況照会から行います。詳しくは、利用者メニューでできること、をご覧ください。

朝霞市、志木市、和光市の図書館で相互利用できますか?

利用するそれぞれの図書館での手続き(利用登録)が必要です。登録の際は住所と氏名を確認できるものをご持参ください。

注意

  • お借りになった資料は、必ず借りた市の図書館へお返しください。
  • 貸出点数・貸出期間などの利用条件は各図書館により異なります。
  • その他、詳しいことは各市(他3市)の図書館にお問い合わせください。

朝霞地区(朝霞・志木・和光・新座)4市で、図書館の利用者カードが相互利用できますか?

はい、相互で利用できます。

1枚のカードで4市図書館を相互に利用できます。

利用に際しては、利用するそれぞれの市の図書館での手続きが必要です。

例えば、新座市図書館の利用者カードをお持ちの方が朝霞市図書館も利用する場合

  • 新座市図書館の利用者カードをご持参の上、朝霞市図書館で手続きをしてください。
  • 新座市図書館の利用者カードが「相互利用カード」として、そのまま朝霞市図書館でも利用できます。
  • 利用を希望するそれぞれの図書館で手続きをして下さい。

※利用登録の際は、現住所と氏名の確認できるものをご持参ください。

※貸出点数、貸出期間などの利用条件は、各図書館により異なります。

※既に各図書館の利用者カードをお持ちの方は、「相互利用カード」として1枚のカードにまとめることができます。ご希望の方は、利用するそれぞれの図書館で手続きをして下さい。

※「相互利用カード」を紛失すると、利用するそれぞれの図書館での再手続きが必要になります。